メインコンテンツへスキップ

オンライン服薬指導の使い方

オンライン服薬指導とは、薬急便のビデオ通話機能を使って、薬剤師による処方薬の説明を受ける方法です。 処方薬は配送可能で、直接店舗へ行かなくても処方薬の受け取ることができます。 薬局によって非対応の場合はオンライン服薬指導の予約ボタンが表示されません。

ご利用の流れ

  1. 薬局の予約
  2. 問診票の回答
  3. ビデオ通話による服薬指導
  4. 自動決済
  5. お薬の受け取り
  6. 服薬状況の確認

ご利用にはログインまたは新規会員登録が必要です。また、クレジットカード情報の登録も必須となります。

1. 薬局の予約

  1. ご希望の薬局情報の
    オンライン服薬指導の予約ボタンを押します。
  2. オンライン服薬指導の予約画面で予約についての確認事項をご確認の上、全てを選択します。
    ログイン状態でクレジットカード情報を登録していない場合は、先にカード情報の登録画面が表示されますので、必要な情報を入力し、次へ進んでください。
  3. オンライン服薬指導の予約画面で希望日時を選択します。
    既に薬急便会員でログイン前の方は、「ログインして予約する」を選択します。
    会員登録がお済みでない方は、「新規登録して予約する」を選択します。
  4. オンライン服薬指導の予約画面で
    次へ進むボタンを押します。
  5. ログインか新規登録で入力する情報が変わりますので、画面に表示されている内容に従って、必要な情報を入力します。
    • 「ログインして予約する」を選んだ方は、メールアドレス、パスワードを入力し、次へ進んでください。クレジットカード情報を登録していない場合は、次にカード情報の入力が表示されますので、必要な情報を入力し、次へ進みます。
    • 「新規登録して予約する」を選んだ方は、新規登録に必要な情報を入力し、次へ進んでください。次にカード情報の入力画面が表示されますので、必要な情報を入力し、次へ進みます。
  6. ログインの場合は、受診者の選択画面の表示されます。画面の内容に従って、情報を選択します。ご本人様以外(お子様など)が服薬指導を受ける場合は「受診者を新規追加する」からユーザーを登録してください。
  7. 予約情報の入力画面で必要な情報を入力、処方せん画像を添付し、
    予約する ボタンを押すと予約依頼が完了します。
    医療機関から薬局に処方せんを送ってもらう場合は、処方せんの添付は不要です。
  8. 予約依頼完了画面が表示されます。また [予約依頼を受信しました] メールが届きます。
    この時点では受付完了していません。
  9. 薬局の確認後、日時確定すると [予約受付が完了しました] メールが届きます。
    ここで予約受付完了となります。次に問診票の回答をお願いします。

 

2. 問診票の回答

オンライン服薬指導の開始までに問診票の回答をお願いします。

  • 予約受付完了すると、問診票の回答が可能となります。
  • 2度目以降のオンライン服薬指導では回答に変更がある場合は問診票の編集をしてください。
  1. 予約受付完了のメールに「【重要】問診票のご回答のお願い」という記載がありますので、その下記リンク(URL)を押します。
  2. 画面の内容に沿って、問診票をご回答ください。

 

3. ビデオ通話による服薬指導

  1. 予約日時の15分前にSMSでお知らせが届きます。記載のリンク(URL)を押すと、薬急便の予約詳細画面が開きます。
  2. 予約詳細で表示される
    服薬指導を開始するボタンを押します。
  3. 「服薬指導を開始しますか?」という案内が表示されたら、開始するボタンを押します。
  4. 「マイクおよびカメラへのアクセスを求めています」という案内が出た場合は「許可」を押します。「許可」を押さないとビデオ通話ができません。
  5. 接続中の画面が表示されますのでそのままお待ちください。
  6. 薬剤師が入室すると、オンライン服薬指導が始まります。

ビデオ通話が始まらない場合は以下のヘルプをご確認ください。

 

4. 自動決済

服薬指導終了後、お薬の配送を希望された場合は、料金が確定次第ご登録のメールアドレスに「お支払い料金の確定通知」が届きます。お支払い料金の確定後、予約時にご指定のクレジットカードで自動決済となります。支払いに失敗した場合は、支払い方法を選択していただき、48時間以内にお支払い手続きを完了してください。
店頭でお薬を受け取る場合は、薬局店頭にてお支払いをお願いします。

5. お薬の受け取り

配送または店頭でお受け取りください。

6. 服薬状況の確認

1週間以内に服薬状況の確認をさせていただきます。薬剤師に様々な相談をすることができます。

この記事は役に立ちましたか?

8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています